【NEW HANDLING BRAND】

「Maison Margiela」

 

今期より新たなブランドが加わりました。

ベルギー出身のデザイナー、マルタンマルジェラがエルメスなど名だたるブランドを経験したのち、1988年に立ち上げた「Maison Margiela(メゾンマルジェラ)」。


衣服の再構築・再定義、ショーのスタイルなどコンセプチュアルな手法は、多くの人々に影響を与えたマルタン・マルジェラ(Martin Margiela)、またそのメゾンは、ファッションの歴史に最も大きな影響を与えたメゾン(デザイナー)の1つと言われています。

1998S/Sにはコム デ ギャルソンとのコラボレーションを行い、2001年にはロンドンのヴィクトリア&アルバート美術館で「ラディカルファッション」展を開くなど、多くの展覧会活動にも参加しており、アーティストとしても幅広く活動しています。

現在、マルジェラの服や小物には、通称「カレンダータグ」とも呼ばれる0~23までの数字が明記された白地の布が縫い付けられており、このタグからコレクションラインを読み取ることが可能となっています。

数字が表す一覧は下記の通り。

 0:手仕事により、フォルムをつくり直した女性のための服。
 1:女性のためのコレクションライン(ラベルは無地で白)。
 4:男性のためのワードローブ
 3:フレグランス
 3:アイウェア
 10:男性のためのコレクションライン
 14:男性のためのワードローブ
 11:2005秋冬からのアクセサリーライン
 12:ジュエリー 
 13:オブジェ、または出版物
 22:シューズライン
 6:レディースウェアライン※MM6に独立。